避妊薬ピルで不快なPMS症状とさよなら!へようこそ!

トリキュラー

『避妊薬ピルで不快なPMS症状とさよなら!』では、避妊薬についてついて紹介しています。

避妊薬と一口に言っても、女性が普段から服用し続けることで効果を発揮する「低用量ピル」と、性交後に服用することで避妊効果を得られる「モーニングアフターピル(緊急避妊薬)」の2種類があります。
一般的に「ピル」と呼ばれるのは「低用量ピル」の場合が多いでしょう。

当サイトでは、個人輸入サイトで購入できる「モーニングアフターピル」や、「低用量ピル」の服用方法や、効果、副作用などを解説しています。
避妊薬の購入時や、服用時の参考にしてください。

万が一のお守りに「モーニングアフターピル」

アイピル

モーニングアフターピルは「緊急避妊薬」とも呼ばれるお薬です。

避妊に失敗してしまった場合などの、性交後に服用することで、避妊効果を得ることができます。

「緊急避妊薬」と呼ばれるものであるため、100%避妊ができるわけではない上に、女性の身体に大きな負担がかかるため、使用には注意が必要です。

このページでは、そんなモーニングアフターピルの服用方法や、注意点を紹介しています

低用量ピルなら、PMS症状も緩和できる!

甘いもの

生理前症候群とも呼ばれる「PMS症状」。

無性に甘いものが食べたくなったり、イライラしてしまったり、身体に不調があらわれたりと、個人差はありますが、20代からこれらの症状があらわれ、大体30代でその症状のピークがあるのだそう。

こんな不快な症状も、低用量ピルの服用によって緩和されることがあります。

このページの先頭へ