モーニングアフターピル

避妊

モーニングアフターピルは性交後に服用することで避妊効果を発揮できる、避妊薬です。

日本で使用許可が下りているアフターピルはヤッペ法とノルレボ錠の2種類です。
ヤッペ法は、性交後72時間以内に2錠服用し、その後さらに12時間おいて再度2錠服用します。吐き気や嘔吐などの副作用が出る恐れがあります。
ノルレボ錠は性交後72時間以内に2錠服用します。服用するのは1回のみです。

性交後、モーニングアフターピルを服用することによって、強制的に生理(月経)を起こすことで、避妊効果を発揮します。その分副作用も強く、女性の身体に大きく負担をかけます。

モーニングアフターピルは「緊急避妊薬」と呼ばれるだけあり、緊急用の避妊薬です。
低用量ピルや、コンドームなどで避妊をし、それでも避妊を失敗してしまった場合の最後の手段として、モーニングアフターピルを使いましょう。

アイピル

アイピル

デパス(エチゾラム)は、抗不安薬の中でも比較的強い抗不安作用・筋弛緩作用を持ち、心身をしっかりとリラックスさせてくれます。

不安にしっかりと効果のあるエチゾラムは、日本国内でも多く処方されており、正しい服用で確実な効果を発揮してくれます。

このページの先頭へ