アイピル

アイピル

アイピルは、モーニングアフターピル「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。

アイピルは性交渉の後になって服用するタイプの避妊薬です。そのため、「緊急避妊薬、アフターピル」とも呼ばれます。
同じように女性ホルモンを調整するピル(低容量ピル)も、望まない妊娠を予防する効果があります。ただし、低用量ピルの場合は、毎日のように服用しなければいけません。

しかし、緊急避妊薬のモーニングアフターピルなら、1錠で避妊効果を発揮してくれます。

この効果は、性行為後できるだけ早く服用することでより効果を高められます。反面、性行為後72時間以上経ってしまうと避妊効果は薄くなってしまいますので、アイピルは万が一に備えてお守り代わりに持っておくことが大切と言えるでしょう。

アイピルの服用方法

アイピルを使用する上での大きや製薬は、その服用時間です。
アイピルは早ければ早いほど避妊効果が高くなります。逆に服用時間が遅ければ遅いほど、その分効果は薄くなります。

そのため、性行為の後、約24時間以内だと約95~99%の確率で避妊効果が認められています。しかし、24時間以上~72時間以内(1~3日)だと75~80%と確率が下がります。
さらに、それ以降だとより効果は薄くなるために、なるべく早い段階で服用をすることが重要になります。

あくまでもアイピルは「緊急避妊薬、アフターピル」と呼ばれ、望まない妊娠から女性を守るお薬です。 ピルと呼ばれる通常の経口避妊薬やコンドームに比べるとその避妊率は大きく下がります。また、効果が強力であるため、副作用も大きく女性の身体に大きな負担をかけます。あくまでも、アイピルは通常の避妊に失敗した場合の緊急手段であることを理解してから服用することが重要です。

アイピルの副作用

アイピルは、主要成分にレボルゲストレルが含まれているために、黄体ホルモンに作用し、”いきなり”生理が訪れるために、これが効果となり妊娠を防いでくれます。この強力な効果により、副作用も低用量ピルなどと比べると重いとされています。

アイピルの最も多い副作用が気分の変調で、女性の約20~30%が気分が悪くなり、吐き気を感じたというデータが出ています。

ほかにも服用時間によっては、まれに乳首の痛みや、頭痛、めまい疲労感といった副作用を訴える人もいます。
しかし、これらは作用時に起こるため、遅くとも数日のうちに回復するとされています。

生理周期の変化や不正出血や生理が7日以上遅れるような場合は、医師に相談をしてください。

このページの先頭へ