ダイアン35

ダイアン35

ダイアン35は小柄なアジア人向けにつくられた避妊用低用量ピルです。

主な有効成分は黄体ホルモンである酢酸シプロテロンと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールです。
これらの成分によって子宮内膜を受精卵が着床しにくい状態にしたり排卵を抑えたり、子宮頸管粘液を精子が通りにくいようにし精子が卵子に到達しないようにします。そしてダイアン35の特徴とも言える酢酸シプロテロンは男性の精子からつくられるアンドロゲンという男性ホルモンを抑制します。これらの作用により受精および妊娠を防止します。

このような避妊作用の他、ダイアン35の男性ホルモンの抑制作用を利用して、あご周りなどにできる男性ホルモンが原因のニキビの治療薬としての効果もあります。

この効果を利用して、性同一性障害等で苦しむ男性が「女性らしい身体」を手に入れるために服用する場合もあります。もちろん、ダイアン35はもともと女性用として開発されたお薬であるため、男性が安易に服用するにほそれなりのリスクがあります。慎重に検討してください。

ダイアン35の服用方法

避妊薬としてのダイアン35の使用方法は、毎日同じ時間に1錠服用するというものです。生理初日から1日1錠を毎日同じ時間に21日間飲み続けた後7日間は服用を休止します。この間に生理がきます。ここまでを生理1周期とし29日目から次の周期の服用を始めます。
最初の1周期目の服用が終えるまでは生理周期が整わないので他の避妊方法を併用してください。

男性がダイアン35を服用する場合、男性機能を失ってしまうこともあります。女性らしい身体を作るために、筋力・体力の低下や、体重増加、精巣の萎縮、不眠などの副作用もあるため、慎重に判断しなければなりません。
そういったことを考慮した上で服用する場合、一般的に男性の女性化としては1日2~3錠服用というのが一般的なようです。
ただし、男性の服用に際しては、体調体質によって個人差があります。医師に相談して服用量を見極めるkとが望ましいでしょう。

ダイアン35の副作用・注意点

ダイアン35には、血栓症のリスクを高めてしまうという副作用があります。ダイアン35の服用中には、禁煙を心がけましょう。
また、適度な水分補給も大切とされています。

ダイアン35は女性化を目指す男性にとって、画期的なピルです。
女性化させていくという事は、それ相応に強く働きかけますので、もちろん顕著に男性機能の減退が現れます。男性としての自分に未練が有るなら服用は慎重になった方が良いでしょう。一時だけ女性になってみたい!と安易にダイアン35に手を出し、例え、その後、服用を中止しても失われた男性機能は二度と戻りませんので、相当の覚悟が無いのであれば服用は避けましょう。

男性がダイアン35を服用する事により精巣に損傷を受ける事は避けられません。精巣が損傷を受けてる為、当然、精子も損傷を受けてしまい精子の奇形が起こるそうです。その奇形のある精子が運よく受精しても高確率で胎児にも奇形が出てしまう可能性があります。
女性が避妊を目的とした場合には問題ありませんが、男性が服用する場合にはこういったリスクがあることをよく考慮してください。

ダイアン35の副作用としてホルモン環境の変化により不正出血や吐き気、乳房の張りなどが起こる場合があります。
また、ピルは血を固まりやすくする作用があるので高血圧や心臓病などの持病を持つ方、喫煙者や40歳以上の方は医師に相談し指示に従ってください。

このページの先頭へ