ロエッテ

ロエッテ

ロエッテとは、排卵を抑えることで避妊効果を得られる低用量ピルです。
避妊効果だけでなく、生理痛や生理不順を解消したり、卵巣がんを予防したりというような効果が期待できます。

様々にある経口避妊薬/低用量ピルの中でもこの「ロエッテ」は、従来のピルと比べて副作用が少なく、高い避妊効果が期待できるとされています。
また、緊急避妊薬として利用できるのもロエッテの大きな特徴です。

ほかにも、男性ホルモンの濃度を下げることによって、ニキビや肌荒れを防ぎ、ムダ毛を薄くしてくれるなどと言った効果も期待できます。

ロエッテの主な有効成分はレボノルゲストレルという黄体ホルモンの作用を持つ成分です。
これは排卵直前に卵巣からLHという黄体形成ホルモンが分泌されるときに黄体ホルモンであるレボノルゲストレルを入れることにより排卵を抑え受精を不成立にし妊娠を防止することができます。また、この成分には着床しにくくする作用があり性交渉後72時間以内に服用することで受精卵が子宮内膜に到達しても既に着床しにくい状態にしておくことができ、これにより緊急に妊娠を防止することが可能です。

ロエッテの服用方法

避妊や生理痛軽減を目的とした場合、ロエッテは、生理(月経)開始1日目から服薬を始めます。
このとき、毎日同じ時間に服用することが大切です。毎日ロエッテを服用できる時間を自分で決め、飲み忘れないようにしましょう。
その後1シート(21錠)飲み切ったら7日間服薬を休みます(休薬)。この間に疑似的な生理がくるので、7日間経ったら、また新しいシートの服薬を開始しましょう。

ロエッテを緊急避妊薬として服用する場合は、性交後できるだけ早く、最低でも72時間以上に1錠服用し、さらにその12時間後に1錠服用してください。
服用後3日~3週間以内に生理のような出血があれば成功ですが、それを過ぎても出血がなければ、妊娠の可能性がありますので、医師の診断を受けましょう。

ロエッテの副作用・注意点

ロエッテの副作用は比較的少ないとされていますが、むくみ・体重増加・発疹・視力障害・肝機能障害などが報告されているため、異常を感じた場合には必ず医師に相談してください。

安全にロエッテを服用するためには定期的検診が重要です。医師による問診と検診を半年に1回程度、婦人科検診を1年に1回は受診しましょう。

喫煙者は血栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用の危険性を高めると言われています。さらに35歳以上の喫煙者で1日15本以上の喫煙量で危険性は増加すると言われています。
喫煙者や、35歳以上の方でロエッテを服用する場合は、必ず医師に相談しましょう。

また、HIV感染や他の性感染症を防止するものでなく、これらの感染防止にはコンドームを使用することが大切です。

このページの先頭へ