トリキュラー

トリキュラー

トリキュラーとは、排卵を抑えることによって妊娠を回避する避妊薬です。

日本では1999年に避妊薬として承認され販売されています。トリキュラーの有効成分は、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)です。これらの有効成分が排卵を抑えるために働きます。

トリキュラーの効能は、実は避妊だけではありません。卵巣がんや子宮体がんの予防効果も期待できます。また、生理痛や生理不順を改善したり子宮内膜症の予防にも、その効果が期待できます。

トリキュラーは、正しく服用することで、確実な避妊効果を得ることができるお薬です。

トリキュラーの服用方法

トリキュラーは、生理(月経)開始1日目から服薬を始めます。
このとき、毎日同じ時間に服用することが大切です。毎日トリキュラーを服用できる時間を自分で決めましょう。

トリキュラーには21錠タイプと、28錠タイプの2種類があります。

21錠タイプは、生理(月経)開始1日目から服薬を始め、1シート(21錠)飲み切ったら7日間服薬を休みます(休薬)。この間に疑似的な生理がくるので、7日間経ったら、また新しいシートの服薬をしましょう。
21錠タイプのメリットとして、服薬が少なくて済むというところがありますが、反面7日間の休薬期間があるため、再度新しいシートを始めるときに服薬忘れがあるというデメリットもあります。

28錠タイプの場合は、シートの順番通りに、生理(月経)開始1日目から服薬を始め、最後の7錠(偽薬)を服用しているうちに疑似的な生理がきます。1シートを飲みきったら、また新しいシートの服薬を開始しましょう。
28錠タイプは、毎日服薬するため、飲み忘れが少ないというメリットがある反面、毎日服薬を続けなければならないデメリットもあります。

万が一飲み忘れた場合、飲み忘れが1日であれば、気がついた時点で飲み忘れた1錠を直ぐに服用し、さらにその日の分も服用してください。2日以上飲み忘れた場合はいったん服用を中止し、医師に相談しましょう。

トリキュラーの副作用・注意点

安全にトリキュラーを服用するためには定期的検診が重要です。医師による問診と検診を半年に1回程度、婦人科検診を1年に1回は受診しましょう。

喫煙者は血栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用の危険性を高めると言われています。さらに35歳以上の喫煙者で1日15本以上の喫煙量で危険性は増加すると言われています。
喫煙者や、35歳以上の方でトリキュラーを服用する場合は、必ず医師に相談しましょう。

また、HIV感染や他の性感染症を防止するものでなく、これらの感染防止にはコンドームを使用することが大切です。

このページの先頭へ