PMSとは?

イライラ

「PMS」とは、「月経前症候群」と呼ばれる症状のことで、“Premenstrual Syndrome”という英語の略称です。

月経(生理)の3~10日位前から起こるキモチやカラダの不調で、月経(生理)が来ると症状が弱まり、やがて消えていくものです。
人によって症状は様々ですが代表的な症状としては、イライラや、甘いものが無性に食べたくなったり、乳房がはって痛んだりなど、の不調です。他にも、怒りっぽくなる、肌があれる、にきびができる、のぼせる、下腹部がはる感じがする、下腹部に痛みを感じる、腰が痛い、頭が痛い・重くだるい、落ち着かない、憂鬱な気分になる、などです。

ここで挙げた症状はほんの一例で、PMSとされる症状は約200種類以上とも言われています。

甘いもの

PMS症状には大きく個人差があり、はっきりとした原因はわかっていません。しかし一説によると、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が関わっていると考えられています。

黄体期に分泌される女性ホルモンはカラダの中でいろいろな現象を誘発します。
例えば、ホルモンの働きで水分をカラダから排出しにくくなってしまうと、むくみの原因に。それが乳房にたまれば乳房の痛みに、頭にたまれば頭痛、また水分がたまると、カラダ全体がだるく感じることもあります。

またホルモンの働きで脳内の「セロトニン」という物質が低下すると、うつ症状やネガティブ思考など気持ちが不安定になります。
さらに、生理前はインスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下し、血糖値が上がるため、この上がった血糖値を下げるために普段より多量のインスリンが必要になります。 そのため、食事から2?3時間後に低血糖を生じやすく、甘いものが食べたくなるなどの症状がでることがあります。

PMS症状が重くなる原因

  • ●ストレス
    • 急な環境の変化や、ハードワークによる緊張状態が続いた時など、ストレスがたまっていると、 PMSの症状は重くなります。
  • ●性格・考え方
    • 「律儀で真面目」「几帳面で完璧主義」「負けず嫌いで自分に厳しい」など、こういった性格の方は要注意です。 PMSの症状がでやすいようです。
  • ●食生活・嗜好品
    • タバコを吸って、お酒も大好き、カフェインたっぷりのコーヒーもよく飲むという人は、症状が重くなりがちです。 バランスの悪い食事をしている場合も同様です。
  • ●自律神経・体力低下
    • 風邪や病気で免疫力が低下していたり自律神経が乱れているとPMSの症状が重くなります。

年代ごとにかわるPMS

女性の月経(生理)は、高学年の小学生、中学生のころに多くの人が始まるようですが、はじめのうちは月経(生理)も不順なことが多く、女性ホルモンの働きが安定するのは18歳ごろ。また45歳ごろになると女性は更年期に入り、月経(生理)も不順になり、やがて閉経をむかえます。

およそ18歳から45歳の間は性成熟期と呼ばれ、女性が妊娠・出産するために適した時期。その反面、女性を悩ます一面ももち合わせており、PMSの症状はこの時期に現れます。

20代の女性は、乳房のはり、下腹部痛や頭痛など、カラダの症状が強く出る傾向にあり、30代になると、20代の症状に加えて、精神的に不安定になる、攻撃的になるなど、ココロの症状が顕著に。特に30代では、PMSを「30代中期症候群」ともいうほど、PMSの症状に悩んでいる方が多くいます。
30代と言えば仕事も生活もとにかく忙しい時期。それらのストレスがよりいっそう症状を重くしてしまうという悪循環もありそうです。

PMSは出産経験とも関係する

妊娠

また出産経験の有無もPMSの症状に影響します。

一般的に出産経験のある女性の方が、イライラする、怒りっぽくなる、自己否定的になるなど精神的な症状が多く、出産経験のない女性は、下腹部痛、乳房のはり、頭痛などの身体的な症状が多くみられます。
女性は妊娠、出産など、それぞれのライフステージに応じて女性ホルモンの影響を受け、カラダとココロに大きな変化があらわれます。そのため健康トラブルも年齢によって変わってくるのです。

低用量ピルの服用でPMS症状が軽減!

PMSの症状が辛くて病院に行くとまずは低用量ピルをすすめられます。
低用量ピルはその人の体質に合う、合わないはあるのですが、多くの場合症状が緩和されます。低用量ピルを服用することによって、生理前のイライラや頭痛、むくみ、排卵痛、肌荒れ、ニキビなどの改善されるとされています。

もちろん低用量ピルを服用したからと言って、必ずPMS症状に効果があるとは限りません。また副作用のはきけや頭痛がつらくて飲み続けられない場合もあります。
そういった場合は別のピルを試してみることをおすすめします。ピルの種類によって個人との相性がかなりあるので、一度の服用であきらめずに別のピルを試してみるのがいいでしょう。

このページの先頭へ